009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

ト―ネット No.14 チェア
デザイナー:ミヒャエル・ト―ネット、1859年
ブナ材スチーム曲げ木、藤編みの座面

曲げ木の発明者には諸説がありますが、ミヒャエル・トーネットがいろいろな家具で試して実用化の道を開いたことは間違いありません。No. 14の椅子は、トーネット社が数多く作った家具の中で最初に量産された椅子です。

スチームで熱して柔らかくなった部材を曲線に沿って固定し、乾くとその曲線が固定されるこの技術は、廃棄する木材が少ないことから、いろいろな産業で木が使い尽くされた19世紀当時のヨーロッパでは経済的であり、現代にいたっては環境にやさしい工法です。

塗装の終わった36脚分のパーツを1メートル四方の箱に納めて送り、搬送先で組み立てて売るなど、時代を先取りしたデザインでもありました。ウィーンを発祥とする「コーヒーハウス文化」を象徴する椅子として、158年後の今も製造が続けられています。


16分の1で作って集める椅子とインテリアの紙模型

フラットな印刷物を切り取り折り曲げると、そこに立体が生まれて周りに小さな空間が立ち上がる。 そんな紙で作るジオラマの楽しみを、椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通してお届けするのが1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。


本物の椅子を手に入れるのが難しくても、この小さな模型と部屋の一画の再現を通して、 椅子やインテリアの歴史に親しんでいただけたら幸いです。


One to Sixteen HP

パッケージサイズ
:W105×H155mm
数量
:1piece

税込価格     1,161円

TEXT_PRODUCTS_OPTION

  • 数量
Share |
    
    

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア

009 Thonet 14 Chair/ト―ネット no.14 チェア