野老 朝雄

アーティスト 1992年東京造形大学卒業後、ロンドンAAスクールで建築を学ぶ。2001年9月11日より、「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインの境界領域で活動を続けている。単純な幾何学原理に基づいた定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計・制作も行っている。東京造形大学客員教授、東京大学工学部非常勤講師。主な作品に、BAO BAO ISSEY MIYAKE に《TOKOLO PATTERN》アートワーク提供、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレムなどがある。    野老 朝雄 ホームページ

PAPER RHOMBUS P...

菱形のピースを組み立てることでいろいろなパターンを...

3,240円

PAPER RHOMBUS P...

菱形のピースを組み立てることでいろいろなパターンを...

3,132円