第十二回「空気の器でギフトラッピング」

第十二回「空気の器でギフトラッピング」

一枚の紙から立体的な形が作り出される「空気の器」は、その名の通り、まさしく「空気を包み込む器」
紙具発見第十二回はそんな「空気の器」を使った素敵なラッピング方法をご紹介します。

hakken12_01.jpg


かみの工作所人気製品の「空気の器」ですが、
よく「どんな風につかうの?」なんて聞かれてしまいます。
自由に形を変えられる反面、使い方では皆さん結構悩まれてるそうですね。
そこで今回は、ギフトシーズンにぴったりな使い方をご紹介します!

hakken12_2.jpg

今回使用するのは「空気の器」の中でも1、2を争う人気カラー ゴールド/シルバーです。

まずは平たい「空気の器」をしっかり広げていきます。

hakken12_03.jpg
hakken12_04.jpg
hakken12_05.jpg



開き方のコツは、「しっかり開くこと」と「ふちもキチンと開く」この2点です。

hakken12_06.jpg
hakken12_07.jpg


シルバーのが広げられたら、同じ要領で、ゴールドも広げます。

hakken12_08.jpg



2枚とも広げたら、こんどは重ねてみましょう。
紙なので、重ねることによってハリコシがでて、ふっくらとしますよ。

hakken12_09.jpg
hakken12_10.jpg



ボトルを入れたら、上部のくびれているところをキュッとつまみます。

hakken12_11.jpg
hakken12_12.jpg



クセをつけてあげたら、今度はリボンを用意します。
きらびやかな色合いなので、今回は優しい雰囲気のリボンを用意しました。

hakken12_13.jpg
hakken12_15.jpg

きっちりとリボンを巻いたら、完成です。

hakken12_16.jpg



あとはプレゼントとして贈るだけ。

hakken12_17.jpg

一枚の紙が、こんなにもなるなんて不思議です。
是非、これからの季節に使ってみて下さいね。


hakken12_18.jpg

ちなみに、他のお色だと雰囲気もガラッと変わりますよ。
いろいろ試してみて下さい。

紙具発見隊でした!

空気の器 ゴールド/シルバー」のご購入はこちら
http://www.kamigu.jp/category/select/cid/359/pid/9488


リストにもどる