011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子

明朝の肘掛け椅子
17世紀
黄檀(Huali)と呼ばれる堅木の一種

明の時代に中国を治めるためにあちこち旅をした高官たちが使った家具として知られています。
広大な中国のさまざまな気候に応じて膨張や収縮する木を調整し、ノックダウンして持ち運ぶために、部材を接着しないでほぞとほぞ穴で組み立てた軽量ながらエレガントな椅子です。

***

この模型の開発にあたってロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館の家具ギャラリーに展示されている椅子を参考にしました。


16分の1で作って集める椅子とインテリアの紙模型

フラットな印刷物を切り取り折り曲げると、そこに立体が生まれて周りに小さな空間が立ち上がる。 そんな紙で作るジオラマの楽しみを、椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通してお届けするのが1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。


本物の椅子を手に入れるのが難しくても、この小さな模型と部屋の一画の再現を通して、 椅子やインテリアの歴史に親しんでいただけたら幸いです。


One to Sixteen HP

パッケージサイズ
:W105×H155mm
数量
:1piece

税込価格     1,161円
  • 数量
Share |
    
    

011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子

011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子

011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子

011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子

011 Ming Dynasty armchair /明朝の椅子