空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

45個の菱形から構築される環形には、「輪(和)を成す」という意味が込められている。

空気を包みこむように、形を自由に変えられる紙の器です。
広げ方によって、様々な形をつくることが可能です。
紙なので薄くて軽く、立体になると張りと強度がでて自立します。
空気の器をキャンバスに見立て、アーティスト野老朝雄の表現する独創的な紋様を立体的に楽しむことができます。

野老 朝雄 (アーティスト)
1992年東京造形大学卒業後、ロンドンAAスクールで建築を学ぶ。2001年9月11日より、「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインの境界領域で活動を続けている。単純な幾何学原理に基づいた定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計・制作も行っている。東京造形大学客員教授、東京大学工学部非常勤講師。主な作品に、BAO BAO ISSEY MIYAKE に《TOKOLO PATTERN》アートワーク提供、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレムなどがある。


デザイン
サイズ
:直径193mm
パッケージ
:W200×H200mm
本 体
:Mr.B スーパーホワイト
内容量
:1枚入
意匠登録
  第1406936 号

税込価格     810円
在庫切れ
Share |
    
    

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄

空気の器 RHOMBUS by 野老朝雄